FC2ブログ

「跡地」問題

こんにちは、suavisです。
今を求めるのがブログです。「引退者」がROブログを書くなど酔狂でしかありえません。
しかも大昔の「引退者」です。

新装備、新狩場、新クエストについての最新情報は一切なし。
今度追加された新装備、他の人はどう使っているだろう、なんていうプレイヤーの要求に応える気がまるでなしです。
ROブロガー側でもそれはネタにうってつけなのに。
ラグナロクをプレイしていたら、ですが。
そして普通、ROブロガーはラグナロクをプレイしているものですが。

プレイしていないから、SSを張り付けてブログの見栄えを華のあるものにしようとしても、延々と過去のSSを使い回すしかないという( ̄^ ̄)ゞ。



一フォロワーとして、今の当ブログを見た時の疑問ですが。
跡地とはなんぞや問題。

タイトルの説明文にこうあります。

「とあるサマル教授・・・」の跡地


と。

見てのとおり、昔現役だった頃のROブログに増設されたのが当ブログなのです。
気にしない方は全く気にしないのでしょうが、よくわからないものが過去ログに残っている状態にもやもやする方もいるかもしれません。

「(2003-2008)」というタイトルの表記。
これはわたくしがラグナロクを遊んでいた期間です。
この年代のラグナロクオンラインが当ブログの内容、という意味を持っています。

ところで跡地とくくられた「とあるサマル教授・・・」というブログは2007年から2008年まで続いてました。
まず「見聞録」が示す年代と重なりますね。
そしてまたそれ以外にも「見聞録」を、そこに増設したのには、それなりに意味があるのです。
ラグナロクの昔話をたんに語りたいだけなら、それ用のブログを新設すれば事足りますから。

このブログの主であるわたくしの立場から見れば、ラグナロクをプレイしないROブログである「見聞録」のバックボーンとして「とある」があるんですよね。
過去の「とある」が、今の「見聞録」の気ままな問わず語りに実質を与えているところがあったりします。



だから、見ている方には、過去ログを「よくわからない」で一蹴してほしくないのが本音といいますか・・・。
といっても、普通の日記にしろ、ゲーム日記にしろ、ブログの過去ログというものはとっつきにくいものです。
ゲーム日記ならば、そのゲームの今とは離れたことが記されています。

「とある」時代の過去ログの見どころを紹介、というようなことをやってみたいな、と思ったり思わなかったりです。
ジュノーイメージ図
どこかわかりますか。セージ、教授の皆様!

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

19 : 57 : 25 | ラグナロクオンライン2003~2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ワールドツアー コンロン篇

こんにちは、suavisです。
今のラグナロクから完全に切り離されたこのブログ。
見ている人はいるのでしょうかとつくづく思います。
わたくしのROブログ読書経験を顧みても、遊んでいるラグナロクオンラインのキャラ育成の指針にでもなるようなブログや、ラグナロクの世界を盛り上げてくれるブログ様が人気でしたからね。

思いつく方策は多々あります。
・リンクを整理する。
まるっきり10年前の「とあるサマル教授の・・・」のままです。
こんなの誰ものっかれないですよね。
大体、セージ→教授ラインは、あの頃でもマイナーでした。
そのかわりFCASセージにはロマンがありました。
そのロマンに打ち震えたセージの皆様!
このブログ、今現在のラグナロクに見捨てられたマイナーブログであり、かつ昔のラグナロクでもマイナーで、マイナー×マイナーに。

・ラグナロクをプレイする。
おそらく、コレダ。・・・。(^_^)。


といったところで、閑話休題。
名づけてワールドツアー。時は2004年。今回はコンロン。コンロンという新マップが当ブログにも実装されます。


続きを読む

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

12 : 09 : 41 | ラグナロクオンライン2003~2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ラグナロクオンライン大喜利

こんにちは、suavisです。
お笑いで大喜利というジャンルがあります。
それをROの世界で行なう試みです。
ウケルノカナ。


お題:あるギルドには人がなんか集まる。何があった?


ギルド加入をお祝いして、1Mのお金がふるまわれる。




お題:こんな新人はイヤだ。


前のギルドの話しかしない。




お題:こんなギルドはイヤだ。


だれもログインしない。




何気に派閥ができている。




金を借りようとするギルメンがいる。




粛清、という名の追放処分が定期的に行われる。




お題:ギルマスがギルドを解散すると言い出した。「リアルが多忙なのかな・・・」と思いきや、そうじゃなかった。何があった?


元副ギルマスが立ち上げた新ギルドに、古参メンバーの全員が移ったから。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

12 : 18 : 23 | ラグナロクオンライン2003~2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第4回思い出しアコプリスキル講座

四回目となります。

エンジェラス
パーティーメンバー全員にゴーンと鐘が鳴る。
各自の物理防御力がほんの少し上がる。
MAXLvはたしか10ですが、そこまで上げても、なスキル。
よく覚えていることは、スキルツリー上、他のスキルを取得できる前提としてレベル2まで上げなければならないこと。
レベル2必須、としか印象にありませんね・・・。
同じ人、きっとたくさんいるでしょう。


テレポート
マップ上をランダムだが、瞬間移動できる。
ようはハエの羽です。
ワープポータルの前提でしたか。

アコプリという術者だけの都合で使用することはそんなにないと思います。
PTをたいてい組んでいるのですから。
ようはソロスキルと言ってもいい。

というか、これもポタの前提スキルというイメージです。なにせクリーミーカードで使えるようになる。
このカードをクリップに挿した「テレクリ」が日夜、露店に並んでいるのがラグナロクオンライン。
「テレクリ」は有り余るSPを生かせるマジ職御用達。
このスキル、わたくしの中のROではセージ/教授のスキル?です。
本家のアコプリよりも、こちらのほうで頻繁に使用経験のあるものですから。

このテレポートと違って、ワープポータルが使えるようになるカードなど今持って存在しません(調べてみましたよ|v・`)ノ)。
ポタは「アコプリのアイデンティティー」と、第3回で書きました。

SPの使い道がないクリティカルアサシンなんかは、ハエの羽を使わず「テレクリ」を使ってソロ狩りしていたご時世です。
テレポートの思い出、アコプリ色がめっきり薄いです。
INTプリと同等のINT値を有するマジ職が使うならまだしも、知性のかけらもないアサシンが本家同様のテレポートが使えるのです。
薄らいで当然です。
第一回で取り上げたヒールも、ビタタカードで使用できるようになりますが、ヒールが「アコプリのアイデンティティー」と言う必要はありません。なんせレベル1のヒールしか使えません。極INTのマジ職でさえ、回復量は200を超えることはなかった。チマチマかけられるソロの補助スキルみたいなものです。ヒールは、当然アコプリのヒールなのです。ことさら「アコプリのアイデンティティー」と言う気持ちは起きません。他職が、アコプリと同等のヒールを使えることはまずありえないのですから。「ヒルクリ」のヒールはヒールにあらず。
しかしテレポートは・・・。
しかも高価な「ヒルクリ」と違って、「テレクリ」は安価でした。
「ヒルクリ」は余裕で5M↑、露店価格上限の9M台に達することも。「テレクリ」はせいぜい1M前後(クリップ300k~1M、クリーミーカード300k)。
出回る「テレクリ」のおかげで、テレポートがアコプリスキルだとは、ラグナをやっている最中ですら、そういえばあまり感じませんでしたね。


あれ、セーブポイントに帰還できるLv2テレポは?
蝶の羽と同様の効果を持つLv2をすっかり忘れていました。
クリーミーカードはテレポLv1が使用できるだけ。このLv2は使えません
しかしアコプリを使っていて、Lv2のテレボがあったから大助かりという記憶がないのである。
今よくよく思い返すと、一人セーブポイントに帰還する時も、わたくしは蝶の羽を使ってました。
ラグナを夢中でやっている時でさえ、テレポ=ハエとインプットされていたようです。
わたくしのアコプリはだからか蝶の羽を必ず常備していました。これは確かです。

さらなるディテール
やっぱりテレポはソロスキル。
PTが決壊して、退避する時でさえ出番がない。テレポなんてやっている時間的余裕がない。たしかウィンドが開かれて、ワンクリックの手間がかかる(。´・(ェ)・)。その1コンマで死んだら。わたくしの支援プリスキルショートカットにはハエの羽が入れてありました。


ニューマ
壁上のもやを張る。遠距離物理攻撃を無効にします。
飛び道具に対する防御壁を張るスキルです。

ニューマ、何に張っていたか。
まず思い出すのは。
ルティエおもちゃ工場でしょう。鉄砲を放つおもちゃ兵士がいました。臨時候補になる最初の狩場です。ここではじめてのニューマ。
次はアマツの畳。銃奇兵を狩る。ニューマが張れるか、張れないかが生死を分けました。懐かしい。ここはニューマが本当に熱い。
ニューマを持つアコライトがいることで、狩りが成り立つと言っていい。銃騎兵はゾンビですから、ヒール砲も効き、アコライトの数少ないソロ狩場です。

GHのレイドアチョあたりになると、張っても張らなくて・・・と成りがち、ここで詳しくは触れません。
「仕事してます感」を出すスキルに見られることも。エンジェラスも手持無沙汰を埋めるスキルみたいなものでしたね。





以下、当ブログならではの教授番外編
続きを読む

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

13 : 59 : 40 | ラグナロクオンライン2003~2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

廃人のお話

話は前々回の初心者からぶっ飛び、廃人のお話。

巷では「ネットゲー中毒」、ゲームコミュニティ内では「廃人」と呼称される人達。

パソコン回りにカップ麺の容器やペットボトルが普通に散乱。
物を食べながらでもずっとPC画面に噛り付く。PCから離れるのはトイレの時のみ。
外出してもキャラのレベル上げが気がかり、帰宅したらまずはともかくPCを起動し、すぐさまラグナロクのログイン画面を開かなければ気が済まない。

廃人の自覚、わたくしにもありました。

レベルの上限99に達するとキャラが光ります。いわゆる「オーラ」。
このオーラには廃人色がいっぱいです。
ラグナロク初心者だった頃、このオーラをまとうキャラは雲の上の人のように見えました。
どれだけやっているんだろう・・・、と。
皮肉でもなんでもなく、素朴な感想でした。

この最初の印象が強烈で、オーラはわたくしにとって廃人の証でしたね。

普通に考えて、ジョブレベルがカンストするレベル80ぐらいが、そのキャラの寿命ですよね。
わたくしには、レベル80以上まで育てたキャラが4人いました。
年単位でやっていても結局4人しかいなかったんだな、と思います。
転生実装後に「オーラを噴いて」転生した騎士とセージを除けば残り2人。
BSとプリです。この2キャラはレベル82-3で止まりました。
これが自然でしょう。
その先は狩りに劇的な変化があるわけでもなく、レベルカンストまで果てしなく遠い・・・。
「廃人キャラ」に見えて当然です。

オーラ前提の転生システム実装を潮にラグナロクから離れた人のことを思うと、転生キャラを2人も育てたわたくしは廃人でしょう。
初期ラグナロクの経験がある人には、オーラまでの道のりがとてつもない、というかはっきり言って、非現実的だ、という実感はあったと思います。

転生実装後、ハイマジは「廃マジ」、ハイウィズは「廃ウィズ」、ハイプリは「廃プリ」なんて言われ方もしました。
大多数の人が、そういう感覚だったのでしょう。

お遊びでラグナロクをやっている人にとって見れば、もっと言えばラグナロクをやっていない人から見れば、オーラまで延々と狩りを続けることになんの意味があるのか。

無駄な時間。
レベル上げ、Zenyというお金稼ぎ、レアアイテムの収集に励む時間が湯水のようあるならば、もっと「有益なこと」に打ち込めばいいのです。なければ、探し出す努力をすればいいのです。
ラグナロク、いやネットゲームプレイヤーの日々はある意味、そのジレンマとの戦いみたい。

のめりこみたい事情がある。嫌なことから一時でも離れる時間を作りたいとか。
のめりこんじゃう面白さがある。なんか社会勉強になるとか。MMO、現実には接触がないであろうと思う人達とのふれあいが待っている。


もう一度オーラについて。
↓がその状態。
200524.jpg
「どや!、さあ教授になれるぞー。」
本人は嬉しさいっぱいです。もうウキウキしていましたね。

そして、

どれだけやっているんだろう・・・


この感想、上のマイセージにもあてはまりますね。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

15 : 14 : 54 | ラグナロクオンライン2003~2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

思い出しアコプリスキル講座③

キュア
状態異常を治す。万能薬をみんな持っていればいいのでは、なスキル。
音エフェクトが独特で、遊びに使われました。
ただでさえスキルショートカットの取捨選択に迷うアコプリスキル、無理してSCに入れるも、戦いで使った場面の記憶がなし。
これぐらいしかわかりません@@。

ルアフ
自分の回りに回転球を発生させ、その白球が隠れる特性を持つMobの、消えた姿を見えるようにする。
「あぶりだす」という表現がまさにぴったりなスキル。
ほとんどGD3のウィスパー用。それ以外の使い道をわたくしは知りません。
待っていれば姿を現すので、スキルの新鮮さがなくなっていくごとに使う頻度は減少。
キュアと同じく前提スキル扱いに。
あ、アサのクローキングに対抗する護身スキルでもありました。

ワープポータル
セーブポイントを含めて、最大四つの場所をメモでき、このスキルを使うと渦巻きが地面に発生、そこに飛びこめばそのメモした場所に瞬間移動できる。
青ジェムを一個使用。カプラの移動サービスとある意味競合。
ワープ渦巻きが発生している時間は10秒ぐらい?10秒もなさそう。
モタモタしている内にワープ渦巻きが消えてしまう「乗り遅れ」はあるある。
もう一個青ジェムを使うはめに。
術者が乗ったその時点で消えるので、普通は術者が最後の搭乗者。
術者が先に飛び乗って、置いてきぼりを食らわされるPTメンバーが発生することはたぶんないでしょう。
♂プリのポタは、指差すようなスキルモーション上、早く乗れ、と言われている気がしないでもない。
この渦巻きに乗ることがPT狩りの出発と帰還の合図。
出発地点は臨時広場のあるプロンテラ。
帰還先もプロ、しかし稀にプロ以外の時になってしまうこともある。
フェイヨンがありましたか。アコプリさんの所属ギルドの関係で。
でもさらに各自カプラ使って、結局プロ集合になる。清算に必要な2ndキャラの商人職がプロにいる都合。

メモ先の選択が重要なスキルでした。
プロ、ゲフェン、GH前、モロク
これがかつての臨時仕様のアコプリスタンダード?
アコプリ人生を写し出す鏡(大袈裟。
転職追い込みの関係で、アコさんのソロ狩場、アマツとかもあった。

大変便利というか、このポタがアコプリのアイデンティティーとも。
ポタ屋さんはまさにそのへんが発生源。

ポタ屋)青ジェム二個、アルデ、フェイ、アマツ、ジュノ


自分は使わせてもらったことはありますが、やったことないです。もっとのんびりした時代(2003年前後?)にアコプリにハマッていたらやっていたかもしれません。
アルデバラン行きは便利と感じました。近い割りにプロのカプラに直通がないので。

GH前が必須でした。
ニブル(2005)ができると
プロ、GH前、ニブル
が外せなくなり、残り一つの枠を迷う、なんて。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

20 : 03 : 47 | ラグナロクオンライン2003~2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

初心者にとっての一次職(2003)

かつてラグナロクにのめりこんだ方も、ROのことは何も知らない未経験の時があったと思います。
そういう視点から見た一次職のあれこれを語ってみようと思います。
わたくしにも、そういう時がありました。
(2003年12月のことです。その時期がこの記事のベースになります。)


ソードマン
マジシャン
アコライト
アーチャー
マーチャント
シーフ



考えてみれば、これだけしかないですよね。
さて、初心者ノービスとして、ROをやりはじめた時、どれにしましょう。
計画性のある方ならば、その先の二次職も見据えた選択になるでしょうが、たいていは
直観というか、それまでのゲーム歴で培われたゲーム勘で、なんとなくそれになってみる。

ソードマン
わたくしも剣士でしたが、多そうです。ゲームの王道は戦士。
ゲームバランスを考えれば、戦士系が無用のゲームはないない( ^ω^ )。

マジシャン
少数派?知識に乏しいファーストチョイスではいろいろ抵抗あり。
魔法は強いけど、すぐ死にそう、みたいな不安がつきまといます。
案の定、Intは極振り、スキルも極振りにしないと魔法スキルは機能しない、なんてことも後々わかってくる。
ステータスポイントの振り分け、スキルポイントの振り分けのような類は、ROは極振りが問答無用のセオリー。
それを知らないでLukとかAgiとかに振っちゃったり、いつまでもFWが低レベル、等々ありえます。
「極振りがセオリー」も、初心者だった頃は知らなかった。変なゲーム、と思いました。
ふたを開けてみれば、の類を危惧したわたくしは、だから剣士だったのでしょう。

アコライト
わたくしは最初、アコライト?なんぞや?、と思いました。
たいていのゲームでは回復役を担当するのはプリースト(僧侶)系の役目です。
これはプリーストの見習い、ROで知りました。
ゲームバランス風に言えば、僧侶系が無用のゲームはあまりないので、
癒し系の人ならファーストチョイスでありえますかね。

アーチャー
ファーストチョイスのイメージが湧きません。弓が好きな人なら、でしょうか。
家庭用ゲームではあまりない職業。フェイアーエムブレムのゴードンぐらいしか・・・w。最初からスナイパーのジョルジュはともかく、ゴードンが好きな人なんていたのでしょうか。
所持金ゼロからの矢代負担は大変そうです。でも、そういえばナイフを持ったアーチャーいましたね(`・ω・´)。

マーチャント
その先の二次職を念頭には置かず、これ単体では選べなそう。弱いことは目に見えている。トルネコのせいでしょう
ファーストチョイスで商人・・・。最大のセールスポイントは露店が開けることですが、その露店の面白さがわかってくるのも、ラグナロクを流通するアイテムなど世界観が一通りわかった後です。Mobを狩らないユニークな楽しみ方を与えてくれる、ラグナロクの独自性が詰まった職業ですが、その分、ある程度ラグナロクに馴染まなければ、たんに弱いキャラとしか見えません。
最初は知り合いなんて誰もいないのですから、一人でも戦えるような想定の下、ゲームをやりはじめると思うのです。その想定に抵触してると言いますか。アコライトと違って、商人は一応戦闘職と初心者でも見るでしょうし。

シーフ
弱そうなのです(°_°)。ファイアーエンブレムの盗賊ジュリアンが戦いで機能したこと、ありましたか。レナを助ける、とストーリー上はかっこいいのですが。
これも二次職を念頭に置かないとなると、どうなのでしょう。醸し出されるイメージは単なる端キャラです。
書いていて思うのですが、後に♂クリアサが♀アコプリにちょっかいをかけるお決まりの構図はファイアーエムブレムにまで遡れる由緒正しい伝統なのでしょうかw。
いやルパンもいますね。カリオストロの城は有名です。
あの銭型警部の名台詞
「ヤツ(泥棒ルパン)はとんでもないものを盗んでいきました。あなた(お姫様クラリス)の心です」。
この原イメージを抱いて、MMORPGラグナロクオンラインに降り立ち、シーフでスタートする人、いたかもしれません。



クリアサこぼれ話
アサシンはアサシンでも、クリアサと二刀で、どうしてこうも中の人の性格が違ったのでしょうか。
クリアサがおしなべて陽気なおしゃべりキャラなのに対して、二刀は生真面目な職人質キャラ。
ラックに振り続ける育成過程で、頭がどうにかなっちゃうのでしょうかw。
盗みが成功するかは運次第、転じて女心を盗むと言われますように、女性の好意を得るのも運次第。そのラックにその身を焦がすクリティカルアサシン。

そういえば一世を風靡したクリアサフラッシュがありましたよね。今、探そうとたら、もう消えている模様でなんとも惜しい。クリアサと言ったら、これ(という人は多いはず(゚△゚;ノ)ノ)。
「カタールに挿すソルスケc求めて、毎日毎日延々とソルジャースケルトンを狩るだけ(´_ゝ`)、FoFoFoFuoooo」、そんなおもしろ自虐フラッシュ。これでもうお腹一杯になったのか、二刀はともかくカタールアサシンをやろうなんて思うことすらありませんでした。これを自分のプレイで超えることは色々難しい(意味不)。
ラグナロクのやりはじめ、このフラッシュでラグナロクの盛り上がりように触れ、さらに一層ラグナロクを楽しく感じられたことが懐かしい限りです。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

19 : 40 : 34 | ラグナロクオンライン2003~2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ゲフェンダンジョン地下3階

ゲフェン中央塔の最地下、「DOP様」の徘徊するダンジョンとして有名です。かつては一次職中心の臨時パーティーのファイナルダンジョンとしても人気が高かった。グラストヘイム行きへの最終関門となります。この次は監獄臨時(Lv60-70)でしたよね。

DOPに遭遇、気づいた人が「いる」と後退を促し、討伐隊が来るのを待つ。パーティー全員、脅えながら、ここなら安全と思われる場所で「固定」狩りをする。と、わたくしには「固定」というものが大変懐かしい・・・。今、脳内に出来してくるものでしたから。アコさんが座ってSP回復に専念できるように、導き出された狩り方。前衛がMobを釣ってくる。ラグナロクで初めて知りました。「ここで固定しましょう」と言われた時、なんのことやらと思ったものです。後にペコ職が大量のMobをかき集めて一挙に殲滅する「ガスター」狩りにも発展するころには、そんなうぶな感慨忘れているものですが。

DOPに惨殺される死屍累々の山は名物でした。みんなでやられると妙な一体感でますよね(ぁ。全滅に近い惨状になっても、パーティー全員が陽気でいられる狩場はおそらくここしかない。某三国志漫画のS操が赤壁で言い放つ「敗北感の共有」(こそ一体感を生み出す)をここで思い出します(-∀-)。

このダンジョンへの初潜入はたしか8人ぐらいの大所帯臨時PTで、わたくしはまだ剣士でした。2003年の暮れのこと。
なぜ覚えているかと言うと、騎士さんが混じっていて、「ブランディッシュスピア!!」なるものを初めて見たからです。
ルアフも初めて実戦で見たような。
ここに突入してまず気にかかるのがウィスパーです。消えて見えなくなるので、なんじゃこれは、と。
出発する前に、全くの初心者であったわたくしは、属性武器でしかダメージを与えられないMobがいることをPTメンバーから教わったことでしょう。そしてイズDで愛用していた、ギルメンお下がりの風ブレイドを携帯したに違いない。
DOPのことはもちろん知らない。「出てきたらどうしよう」みたいな会話は聞いていたかもしれませんが、なんのことやらわからないまま、ただただついていったでしょう。見慣れない2次職、スキル、初物づくしの場所なので、わたくしのRO経歴ではGD3が一際思い出深くなったのかもしれません。はじめて超レアの喜びに浸ったのも、GD3臨時のウィスパーカードでしたし。

油断すればデビルチ一匹で決壊していたことを思うと、あの頃は・・・、みたいに胸が高鳴ります。デビルチは高HITが必要でなかなか当たりませんし、また避けれない。魔法も闇属性なので効きづらい。銀矢が放てる弓職が大活躍するところです。必死のDS連打の影で、マジシャン君は一撃必殺にもならないロングボルトをとろとろと詠唱している・・・。

そういえばシャアも同じように厄介でした。確実に当てられる弓職が倒れ、前衛もタゲ取りができないまま、はりつかれたアコさんがシャア一匹にじわじわなぶられていく・・・。倒れている弓職を早く起こせ起こせ、と・・・。

MOB構成

デビルチ(小、闇)、ハンターフライ(小、風)、グール(中、不死)、ナイトメア(大、念)、マリオネット(小、念)、ウィスパー(小、念)、ドッペルゲンガー(不明)

ドロップ

ジャルゴン(100z)
馬の蹄(300z)
小悪魔の角(200z)
白い布(100z)
人形の落とす、金色の毛(みたいなの、250z)
シャアの落とす、亀の甲羅(みたいなの、100z)
グールの落とす、入れ歯(みたいなの、100z)
ウィスパーカード  4M-6M
ハンターフライc   2M-3M
sチェイン     400k-800k
デビルチc      100k-200k
ナイトメアc     50k-100k
マリオネットc    50k-80k
グールc        30k
その他、青ポ、オリ塊(馬産)、緑ポ(グール産)
()内はOC10でつくおよその売値。
レアアイテムは露店で出される当時のうろ覚え相場。

まあ、よくも覚えているものです。人形の落とすsチェイン。
sチェインはなぜか案外ポロポロ出る。不思議だなーと思ってました。
スイッチロードナイトでよくGD3に籠もっていた時の話。ピアースで馬を瞬殺、MHをBDSで蹴散らす。ソロはおそらくわたくしぐらいしかいなかった・・・。

音楽♪
Out of curiosity
よほどわたくしは気に入っていたのでしょう、ファイルから直接聴いたことがありますし、パソコンのHD内からラグナロクのプログラムの一切がなくなった後も、ふとした時、なぜか聴いてみたくなって、Youtubeにアップされたのを聴きに行ったことがあります。

前に書いた炭鉱のBGMも好きなんですが、これも格別です。スイッチロードナイトで地下2Fからここに降り立つ時、このBGMが流れ出す、するとなぜか静かにゆっくりとテンションが高まっていきました。カッコイイ曲だと思います。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

14 : 22 : 55 | ラグナロクオンライン2003~2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

思い出しアコプリスキル講座②

ディバインプロテクション
名前の響きがかっこいい。パッシブスキルで、どんな効果があったっけ?、なスキル。防御力アップ。しかも特定のMOBから。悪魔属性か。他のスキルを取得するための前提スキルとしか思い出さない。誰もMAXまで取らないでしょうに。

デーモンペイン
これもパッシブスキル。打撃力アップ。悪魔属性のMOBに対して、と名前から推測。略字はDPでしたっけ? しかしプロテクションのほうもDPだ。そして同じくこれも「殴り」以外は前提スキル。

メイス修練
これも「殴り」以外は前提スキル。
これら三大前提スキル。まずやったことがない人は知らないスキル。そしてやったことがある人も忘れていくスキル。





200308.jpg
(続きは教授の密かな呟き)

続きを読む

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

15 : 59 : 57 | ラグナロクオンライン2003~2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

思い出しアコプリスキル講座 ①

ラグナロクを離れて、10年以上も経った方に質問です。どれだけアコライト・プリーストスキルを思い出せますか? インターネットで調べてみるのは簡単ですが、それは客観的な情報に過ぎず、自分のプレイ体験にまつわる思い出はそこにはないはずです。

アコプリさんはおそらく人口の多さでは、RO内屈指だったはず。わたくしも支援プリ、ほどほどにやったことあります。そんな人間のアコプリ思い出しレッスンです。気ままに、まずはアコライトスキルからいくつか(とりあえず①)。

ヒール
言わずもがな。ゲーム一般に必需回復魔法なので、忘れた人はいないはず。プリよりもアコさんからもらったほうがなんか嬉しいスキル。お祈りスキルモーションとアコさんの推定残存SPと関係あるのでしょう。♀モンクは手をひらひらさせながら。これは回復された感がなんかしなかった・・・。辻支援に、「ありー」とキーボードを打つのが若干面倒だったこともある(ぁ。

ブレッシング
STRとINTとDEXが上がる。スキルレベルMAX10で各+10。効果時間がたしか3~5分ぐらい。PTプレイの際、自分にかけてから、PTメンバーにかけて、全員のブレスを切らさないように工夫していました。最初の頃は、そんな常識的なテクニックでさえ、おお支援してるぜ、と息巻いていましたが、慣れるにつれ、その感動も薄れました。

速度増加
ヒール>ブレス>速度。アコライト時、スキルの取得順位。AGIが上がる。歩く速さも増す。ペコと同じ速さ。ブレスと合わせて基本支援セットだけれど、ブレスと違って、かけるのがだるい。進軍のペースを緩めることなくかけられるブレスは、かけてる側はパァパァパァパァパァと上手くかけられれば爽快なスキルなのですが、速度は大人数だといったん進軍が止まってしまう。誰も急いでいなくとも、支援魂にとってはなんかシュッとしないといいますか。一人だけノロノロと歩くPTメンバーがいても、アコプリさんが気づかないのを気づいてしまい、しばらく傍観しているシチュエーションはあるある。テレビゲームの類に慣れない人にとっては、速度もブレスも切れてもどってことなしなのはわかっちゃいますけど、こちらは中毒なので、ややもどかしい気もしてしまう。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

20 : 43 : 08 | ラグナロクオンライン2003~2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

suavis

Author:suavis
東京都在中。2008年からずっとROはやっていないのに、そういう人間が管理する奇妙なROブログです。元Iris、Sara、Bijou住人。一時期は読書感想文ブログに。はじめて訪れた方は「はじめに」をお読みくださいませ。リンクはフリー、コメントも歓迎しています。昔ラグナロクを夢中でやったことがある方へのブログですかね?

最近の記事

月別アーカイブ

過去ログ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード