FC2ブログ

遅れてやってきた春?

セージさんとペア


こんばんわ、suavisです。
殴りプリとFCASセージでミノさん狩りですよ!転職してだいぶ経ちますが殴りプリになってはじめての記事となりますね・・・。ギルメンがFCASセージを作ったようで嬉しくもお誘いの声がかかりましたっ!SSだとセージさんが隠れて見えませんが、これでも一番マシなSSです(汗。待ちに待った機会というか、やっとFCASさんと組む機会に恵まれたというか。

これまで70前後のプリさんが周りにいないので、みんなで狩りいこう!、となった時は支援を兼ねて殴りプリさんを出動させてました。現在Lv72と少しずつですが成長してます。セージさんがLv73だったかな。

ここでシンキングタイム。FCASさんが狩場について最初に取る行動はなんだと思いますか。

・・・・・そうです、AS、付与、ECといったFCAS特有のセッティングです。サフラお持ちのプリさんに朗報。FCASさんと組む時、これら一連の詠唱にサフラを重ねてみてください。狩り始める前から、やや、このプリさんできるぞ、と好印象もたれるはず・・・!さらに狩り中のECにまでサフラをかけることができたら最高です。ソロ気質なFCASさんの心を奪うことも夢ではありません。ECへのサフラはWIZさんと組む場合も行う行動ですし、FCASさんと組む時も是非っ。FCASさんはPTでは常時ECの人が多いと思いますので。さすがに狩り中の付与やASには難しいです。特にASは至難。付与なら与ダメを見て付与が切れてるかどうか判断できますが、ASは単に運が悪くて降ってないだけかもしれませんし。でも広い世の中、ASの持続時間をきっかり把握して狩り中のASにサフラを合わせる凄腕の人もたぶんいるだろうな・・・。私は狩り中のECにたまに合わせるぐらいまでが精一杯ですけど@@。

セージさんの武器がカウンターダガーでした。なので、クリ率UPのためにグロ多目に。グロリア取得してよかった瞬間です。コールドボルトのレベルは5だそうで、サフラは普段は控え目にして二人で一緒にミノさんしばきました。サフラはMHで詠唱早めたい時などに。それにしても実際自分でサフラ出す側に立つと合わせる難しさを実感っ。MHではセージさんがFDでタゲコントロールしてくれ大助かり。FD→LBの氷雷コンボを綺麗に決めたセージさんがかっこよく見えました。今まで自分がFCASセージを動かす立場だったのですが、他人が動かすFCASさんの立ち回りと連携を取るのも味わい深くていいもんですね~。リカバリーの反応が遅れること多々あったのが反省点。二人でピヨピヨしたのがMHでなくてよかった・・・。

あいにく私のほうに特化武器の手持ちがなく、付与を生かせなかったのが残念。といっても、違った意味で生かせたのかな・・・。水ソドメを倉庫から引っ張り出したはずなんですが、狩場に着いて手元にあったのがなんと土ソドメ(汗。「アイスソードメイス」を「アースソードメイス」と間違えたみたいで・・・。大ポカやらかしました@@。仕方なく土ソドメに水付与という事態に。セージさん、ご迷惑おかけしました。

とりあえず二人とも無事に狩り終わることができホッとしてます。うーん、セージさんと他にもいろんな所いってみたいな・・・。そのためには付与用の特化武器も揃えておきたいですね。教授用の特化本で代用という手もありますが、本は大型が苦手です。そして教授なら大型相手はカウンターダガーの出番となりますが、プリは装備できない。だから大型鈍器かもしくは火鈍器、これぐらいは揃えておきたいですけど、お、お金がっ!。
スポンサーサイト



テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

20 : 09 : 24 | [現在未稼働]殴りアコプリさん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

suavis

Author:suavis
東京都在中。読書感想文をメインに据えてますが、ぶっちゃけなんでも書いちゃいます。はじめて訪れた方は「はじめに」を絶対お読みくださいませ。リンクはフリー、コメントは超大歓迎。ブックマークに入れる推奨。

最近の記事

月別アーカイブ

過去ログ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード