FC2ブログ

発想の転換

前回、「賢者の日記と大百科事典」という2者択一的な括りで話を進めました。しかし、ここで発想の転換。そのようにどっちかを排する括りではなく、場面に応じて両者を使い分ける、という考えた方はできないものか。自分は「Cダガーと特化バイブル」という括りであれば、使い分けてきたつもりです。というか、それを前提にステ配分も行ってきました。ならば、Cダガー、賢者の日記、大百科事典という三つの武器をそれぞれの特徴を生かして使い分ける。そんなことができたらいいな、と思いながら書いてみます。どれかに特化するのではなくどれも使いこなす、というのが自分の性に合ってそうなので。それとコメントでtwoさんに「Cダガーと大百科事典」という視点の示唆をありがたく受けたので付記しておきます。

以下、物理攻撃と魔法攻撃の両面からそれぞれの武器の特徴のまとめと比較、それを受けてどのように使い分けてみるか考えてみます。

まずは武器の変遷の歴史を一瞥しておきましょう。

第一世代 バイブル
第二世代 賢者の日記、Cダガー
第三世代 大百科事典、死神の名簿
第四世代 魔法の定石?

賢者の日記とCダガーが二大レアとして胸中を長く占めていたので、こんな整理の仕方となりました。一人や二人ガンダムを連想する人いるかもしれない。その二大レアも時は移り行き、定番装備として愛用されるようになりましたね。古い世代に属する人間の視線からは、容易に使える嬉しさとともに、憧れの対象であったものが日用品として親しまれる"寂しさ"もなきにしもあらず。悲喜こもごも随時アップデートされるMMOの醍醐味として甘受いたしましょうか。長らく通常装備品であったバイブルももう露店では売れないような時代だと思います。あまりに売れないもんですから私はもう店売りしてしまってますね・・・。第三世代の大百科事典ですらクジの余波で現在大暴落中ですし、魔法の定石まで実装されると一時代を築いた第二世代の武器ですら一般的な目線では見向きもされなくなるかもしれませんね。

死神の名簿もこれまたクジのおかげで現実的な装備となってる鯖もあるかと推測しますが、今回は取り上げません。一身上の理由。つまるところたんに私が買えないだけです(汗。


物理攻撃面

賢者の日記
長所:スロット2で特化カードが挿せます。属性が通りやすく必中で低DefのMobなら、属性付与+特化カード+ASPD補正もついて大きなダメージを期待できます。
短所:裏を返せば必中じゃない、高Def相手だと心許ない。

Cダガー
ご存知クリの王様。

長所:特化カードに縛られず汎用性抜群。
クリティカルの嵐で高Def、必中じゃない相手に有効。
短所:相手の減算クリが高かったり、低Def、必中なら特化カードが挿せる他の武器に劣る。

大百科事典
賢者の日記とCダガーの中間、としておきます。

長所:今では3種の中で一番過剰精錬しやすい。プチクリ武器として賢者の日記よりは非必中、高Defの相手にもある程度対応できるし、属性が通らない場合も事典はクリティカルという形でのダメ底上げが期待できる。
またあえてクリ武器としてCダガーと同列に置くなら、こちらはカードを挿せるメリットがあります。
DEX+2の補正で地味にHitを補える。
短所:クリ+20という半端な数値では、Cダガーのようなクリ武器として割り切った使い方は難しい。賢者の日記に比べるならASPDで劣る。(一般的には重さが一番のネックですが、私が使うとなると重さは気にならないので、この点には特に触れません。)


あえてこう書いてみましたが、賢者の日記と事典の差異化はやっぱり困難です。賢者の日記はASPD上がるけど、事典のほうが少し基本Atkも高いしクリもでますからね。本2種は、中型Mobに対して短剣Cダガーよりもサイズ補正が優位、というのも注記。


魔法攻撃面
魔法に関しては簡潔にまとめます。Matk補正がつく本2種が、Cダガーより優れているのは明らか。あとは本2種間での差異化。単純なMatk補正は賢者の日記のほうが上だけど、事典にはINT+3補正もあるのでステ振り、装備次第では結果的に事典のほうがMatkは高い。しかしASで振るボルトの"数"だけ見ればASPD補正のつく賢者の日記のほうが多い。


両面の総合
やはり賢者の日記と事典の違いが・・・ですね(汗。賢者の日記でいけるところなら、事典でも問題なくいけちゃうですよね。事典はOK、賢者の日記はNGという、逆パターンならあてはまるケースもありそうですが。重量問題が存在しない自分にとって、賢者の日記のほうが若干分が悪い印象です。それでもあえて賢者の日記のポジティブな面をひねりだすならやはりASPDの速さ。とはいえ、ASPDが速くとも総合的な物理与ダメは事典のほうが上っぽい。前回記事で提示した賢者の日記仕様(と思い込んでる)ASPD180のステでオットーとアノリアンを例に物理与ダメを計算しても、事典のほうが微妙に上・・・。やっぱり事典は基本Atkも高くクリもでるので、そんなものでしょうか。さすが第三世代の武器。さらに事典は過剰も容易にできる環境となってきたので差は広がるばかり。なので賢者の日記、最後の頼みの綱は高ASPDによる高密度ASボルト。ASでどれだけ劣勢を挽回できるのか。賢者の日記は局地的なAS専用武器と位置づけてみたいです。

次にCダガーと事典について。この比較で言えば、Cダガーはなんといってもクリがサクサクでること、これに付きます。クリに関して事典は足元も及ばず。他方で事典は優秀な魔法補正とカードを挿せます。一芸に秀でたCダガー、それにたいして万遍無く力を補えるのが事典とまとめておきます。

使い分け例
代表的な狩場だけ取り上げます。

賢者の日記  アノリアン
Cダガー  スリーパー
大百科事典 氷D


賢者の日記はオットーとアノリアンしかない、と思ってます。ただアノリアンもロウィーンc(注1)が実装されれば事典と選手交代やも・・・。スリーパーはCダガーで文句なし。残るは氷D。魔法が非常に有効な狩場なので事典で魔法補正を得つつ、特化カードによる殴りダメ底上げ、対アイスタイタン用のクリティカル、という目論見です。ただアイスタイタンに対するクリの出具合によってはCダガーのほうがいいかもしれないけど。

2008/5/30追記
氷Dは試し狩りの末、事典で確定。Cダガーとのボルトの威力の差が、交戦時間の差となって如実に表れます。スノウアーといいアイスタイタンといい並外れたHPなのでロングボルトを多用することになり、そうなるとMatkの多寡が戦闘に大きく影響するのでした。


一応、大筋はまとまったのか(ためらい。あまりに個人的なまとめ方で恐縮します・・・。次回は以上の使い分けを前提にステ振りを考えてみたいと思います。


注1:ロウィーンカード(肩)
Flee+5、完全回避+3。水属性モンスターに物理ダメージ10%追加。
魚類型モンスターにCRI+15。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

18 : 06 : 11 | [サマル教授]Lv90~Lv95疾風怒濤 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑

続 賢者の日記と大百科事典

+5Dサハリック賢者の日記+INT1料理+ブローチ+Sign+ニヨルドセット(エキストラ祝福)
パタパタ

大金はたいて、とうとう憧れの天使の忘れ物をゲット~。一人でニタニタ欣喜雀躍。風を包んでひらめく白い羽が戴冠せり。

というわけで今回は、ちょっと前に書いた「賢者の日記と大百科事典」という対照記事の続きとなります。あの時、賢者の日記側に天使の忘れ物もあればなぁ、とぽつり呟きました。その天使の忘れ物バージョン賢者の日記を補足ということです。

さらにASPDを少しでも伸ばすためにアクアロングコートを脱ぎ、エキストラオーディンの祝福含むニヨルドセットへと換装。アクアオーディンの祝福なんてアリマセン。それに今となってはオットーとの近接時間はわずか。水属性攻撃なんて打たせませんよ!といつつ、沸いたら怖いので保険にECと常時HP3.5k↑維持は忘れずに・・・

装備変更の総合効果はASPD177へと結実しました。このような状態でオットー海岸にてハンティングしてみると

1.15M/h!

むむ、大百科事典の記録を大幅に塗り変える。オットー、よりどりみどりな機会に恵まれれば1.2Mまで達します。天使の忘れ物すごいじゃん!、と一瞬鼻息荒くなるも、冷静に考えればニヨルドセットとピッキの効果がでてるだけのような・・・ですよねw。案の定大百科事典のほうもニヨルドセットに変えてみれば同水準の結果。ただほぼ変わらず、のところまでいったことを勘案すれば天使の忘れ物の実りは着実にあったと言えそうです。



っと、なんでこんな瑣末なことを繰り返してるのかというと、今後のステ振りの道しるべをひねり出したいわけです。天使の忘れ物バージョン賢者の日記だと、AGIをカンストしてDEXに5振る。装備を

天使の忘れ物+賢者の日記+ニヨルドセット+ククレブローチ×2+ペコペコの羽耳

にすれば、補正込みAGI120、DEX30でちょうどASPD180にっ。これはLv95で到達することが可能です(Roratorioで計算)。ASPD180で本を振りかぶる姿を見てみたいし、AGIにどどっと注ぎ込むのが一番シンプルですっきりするとは思います。Fleeという点からも汎用性高く、過去にどっかで書いていますが攻撃ステとして殴り(STR)とAS(INT)を双方生かせるのがAGI。DCの適用によるAS強化という観点でいえば、セージよりもASPDはさらに重要と考えます。たんなるイメージですが(汗。

私個人の性格からいっても、シューティングゲームで選択する武器はたいてい一発ドカンのレーザー系よりもバラバラ弾をばらまくマシンガン系。マシンガン系、見た目は派手だけど一発一発が弱いと相場は決まってて微妙な場合も多いけど、だがそこがいい!(ナンジャソリャ。敵の堅い装甲に嘆きながら、必死に貧弱な弾を大量に打ち込むのが好きであります。つまりあえて素INT70のよわよわボルトを大量に打ち込みたいです。

一方でLukにも目移りします・・・むにゃむにゃ。大百科事典やモリガンセットという存在もあるしー。クリサマルもカッコよさそうです(クリ自体はCダガー1本でもだせますけど)。

これまで賢者の日記ボーナスが得られるSTR50、INT70を目標にしてきましたが、それを達成するとこんなに迷うとは思いもよりませんでした。しばらくこんなグダグダ記事が続くかもしれません、すいません(汗。


蛇足。賢者の日記や大百科事典のほかに、死神の名簿という本も存在しますが、My鯖では一度として今だ露店で拝見したことございません・・・。私には縁が限りなく薄い本になりそうです@@。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

18 : 07 : 21 | [サマル教授]Lv90~Lv95疾風怒濤 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑

アカデミー入学

人だかり

しつこいチラシ攻勢に屈して、アカデミーに入学。モンスターサイドストーリーの続きとなるクエがアカデミー内部でできます。これ、モンスタサイドストーリーをやってない人はどうなるんだろう、と思ったのはわたしだけ。

アカデミーの実情といいますと、初心者修練所のビギナーフォロー機能を拡充した施設といった趣。時代の移り行きをしみじみと感じますね。私がROに降り立った時とは雲泥の差。かろうじて初心者修練所のガイダンスを受けれる頃でしたけど、でもあの初心者修練所では・・・、と思い返すのは私だけではないはずっ。なんのこっちゃわからないままイズに放り出され右往左往、カプラあたりに座ってた騎士さんに「これから何をすればいいですか?」と素っ頓狂な質問をしてました。幸運と言いますか、その騎士さんが属してたギルドに拾われ様々なことを教わりましたけどね。

モンスターサイドストーリーの続編以外に、アカデミーの女の子NPCルーンが出してくれる依頼もこなしてアカデミーの単位を取得してます。まだまだ道ゆき途上ですけどっ。西へ東へ、いろんな街を行ったりきたり。高レベル転生職ということで安価な転送サービスも使えず、ポタ職でもありませんから、地道にカプラ転送や飛行船での旅路。なかなか骨が折れます・・・。というかお財布が地味に痛いです。低レベルなら依頼をこなすことで経験値がもらえるようですね。上のSSに写ってる広場ではレベルアップ時の天使が飛び交ってます。やりはじめた途中で、これ私がやってもなんかいいことあるんだろうか、というためらいがなくもないですが気長にやってますw。単位がたまると試験を受けることができます。これがなんと第7試験まであり・・・。まだ第3試験です。最後の試験をクリアすればめでたく卒業といった運びなんでしょうか。いくつかの依頼や試験を同時進行できるので、まずはあそこにいって、次にここ行って、と合理的なルートを導き出すことが不思議に楽しかったり。

セージ!


セージ紹介文

あんまり深い意味はありませんが、ついでにアカデミーのセージ紹介文も拾ってみましたっ。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

23 : 57 : 31 | [その他]RO日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

カテゴリー「セージ/プロフェッサースキル紹介・考察」を振り返る

塵も積もれば山となる。過去ログのことです。教授には変更・修正をうけたスキルが多いので、昔の文章を読み返してみると注釈したい気持ちがふつふつと沸きあがってきます。でも想いと現実は食い違う!怠惰な性格ゆえ、今まで過去ログに何も手を加えることなくほったらかしにしてきましたが・・・。

古き時より当ブログをご愛顧してくださる読者ならいざしらず、最近になって訪れてくださりさらに過去ログまで見てくださる方にとって、時流に取り残された記述は読むに耐えないものばかりでしょう・・・。申し訳ない気持ちを感じます。そこで幾多の経験を積み重ねた現在の観点から過去ログに注釈をほどこしていきます。これで過去ログが少しでも生き生きとしたものとなるように期待して。そして私にとっては温故知新です。

てはじめに[セージ・教授系メモランダ]の「セージ/プロフェッサースキル紹介・考察」にカテゴライズされてる一連の記事からまいります。いちいち該当記事へのリンクは貼りません。なのでこの注釈記事をお読みになる場合は、左サイドバーにあるこのカテゴリーをポチッと押すことをお勧めします。下にざざっと過去記事が現れ、該当記事を参照しやすいでしょう。


「ウォールオブフォグ」
他のサイト様の霧関連記事を漁るなど下調べに費やした時間、実際の記事作成時間を合わせると全記事の中で一番手間暇かかってるかもしれません。しかし皮肉にも現在私は所持していないスキルとなりました・・・。念頭に置くべきはASも不発するようになったことです。今からこの記事をお読みになる時はそこにご注意を!

ボルケーノの誘惑に負けて手放してしまったスキルですが、触媒が必要のない手軽な設置スキルとして使い方によっては十分有用なスキルだと思いますよ。不発を承知でタゲ外しに用いるか、遠距離攻撃やスキル攻撃に対する防御壁として用いるか。後者は自分だけ霧に身を潜め、敵は霧の中へ入れないという工夫も必要になってくるでしょう。擬似QM的な使い方はさすがにASも不発すると、純殴りさんぐらいしか活路がないような気します・・・。


「ソウルチェンジ」
「続ソウルチェンジ」

タナトス上層を題材にソウルチェンジについて書いたもの。PTにおける教授の第一の役目はなんといってもSP供給。これまでもっぱらソロで活動する自分にとって、数少ないPT関連記事です。


「フリーキャスト」

現在の仕様では詠唱中に装備を持ち替えない限り、攻撃速度の低下は生じないのでASの前提である4で止めるのもアリでしょう。

2008/5/9の現時点でもこの仕様は変わっていません。しかし現在の所感ではやっぱりLv10欲しいスキルだと感じはじめてます。装備の持ち替えしたいですよね。メモライズやボルケーノといった非キャラタゲスキルの活用による詠唱時間の増大、また多重詠唱も活用。つまり全体的な詠唱活動時間というものが長めになってるので、詠唱中に持ち替えできたら戦術の幅も広がるだろうなぁ、と思うのです。


「メモライズ」

私はマジ狩り、FCAS時いずれも現在のところメモライズを使ってません。
SCが足りません(ぇ。

このコメントは完全に過去のものとなりましたw。メモライズ、バリバリ使ってます。BM使用しているのでメモライズを外すほどSCが不足、といったことはないです。


「生命力変換」

レモンを使ったSP回復と比較してた時なんてあったのか、と自分で読み返してちょっと驚き。というのも、今のSP消費量じゃ何個レモンがあっても足りないです。ソロという点からも最終的にMAXLvは欲しいスキル。そう言ってる自分がSP垂れ流しすぎなだけ、という面も否めませんけど。多大なSPを浪費するスタイルを取ってる、という自覚はあります(汗。


「ダブルキャスティング」
この記事を書いた時との一番の相違点は、ASもダブルで降ってくるよう仕様修正されたこと。

まだ本格的にFCASをしたことがないので憶測になりますが、ソロで常時DCしたらSP持つのかな、と少し心配になります。

生命力変換を前提にすれば大丈夫っ。


「フリーキャスト」あたりまでの記事はまだまだ教授駆け出しの頃なので、うぶな雰囲気漂わせた文章となってますねw。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

22 : 30 : 43 | [セージ・教授系メモランダ]セージ/プロフェッサースキル紹介・考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ROブログ紹介4

新たにリンクを追加したのでご紹介です。

iV;

自分と同じく古風な匂いを感じさせるFCASセージさんのブログです。落ち着いた筆致で書かれた文章を楽しく読ませていただいてます。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

23 : 41 : 02 | [その他]ROブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

サマル教授でいくアインD2F(動画つき)

動画を撮ることに成功です。名前バレを気にせず公開!見せても減るもんじゃないしね。音はないです・・・。自分の力量じゃどういじくっても録音できませんでした。そもそも使ってるPCが録音できない仕様かもしれない。バニルASのCBやジャンクポットがガッシャンと倒れる音は個人的に爽快なのですが。

公式で配布されてる動画ソフトDxRec2のデフォルト設定だと1分弱の動画ファイルしか作れなかったので、800×600まで画像を縮小。2分まで伸びました。なので少し荒い画像となっています。それと動画ソフト起動すると動きがなんだかカクカクしちゃいますね。PCスペックが十分じゃないのかしら。



ポイント解説
・出鼻1匹目の熊人形は、タイマンに持ち込むため大きく後退
・ジャンクポットを殴ってる最中、横にちょこちょこ動いてるのは殴りを一瞬止めて多重詠唱ボルトはさめないかとタイミングをうかがってるためです。結局はさめずそのまま殴りでごり押し。
・オブディシアンを倒すまでにSW、FB×4とスキルを5回使用。メモライズが切れてるし、HPも減ってるのでヒルクリタイム。その後、ミネラルに素詠唱で戦いながら多重詠唱でメモライズを装填→ハエで移動。
・2匹目熊人形はあの距離だとメモライズがなければ、詠唱が遅れてSW出す前に一発殴られてるでしょう(運よく回避する場合もありますが)。
・ちなみにオブディシアンへの手動FBボルトはLv5。それ以外は全てLv10。


ここの狩場のキモ、熊人形との対峙光景はお見せすることはできたと思います。いつもこんな感じでうまくいっているわけでもありませんけどね。他Mobの乱入でSWが削られたり、不意の熊人形横沸きでボコボコ殴られながらSW詠唱する時もありますし。無理すると死につながるので、早めにいける状況なのかいけない状況なのか見極め、いけないと判断したらサッとハエで飛んでます@@。

アインD2Fの成果は840/h前後(バニル帽ないとここから-70kぐらい)。これは美味なMob熊人形との遭遇率によってけっこう左右されます。遭遇率高めならもっと上昇、その逆もあり。青Jの消費量もそれに比例します。30-50個/hでしょうか。

ECしてないのになんかすぐにSPなくなるなと思いましたら、SWにSP食われてることに気付きました。Lv10SWでSP消費40。多重詠唱ボルトやボルケーノ、ヒルクリの頻度も多いので、そりゃSPもすぐに底を付くというものです。正確には計ってませんが10分でもう息切れ、生命力変換タイムな気がします。生命力変換のレベルをMAXにしたので、前よりけっこうSPリカバリーは楽になりました。こんな状況なので、久しぶりに「SP足りません」の赤文字を見ることも。SPないことにきづけーですね。でも生命力変換頻度が多いと全力疾走してる感があって嫌いじゃないです。

ここに腰を据えてみると、なんだかんだでやっぱりスタン攻撃怖いです。2.3匹に囲まれながらスタンするとゴロりと転がって・・・。実際何回か倒れてるので案外リスキーな狩場。デスペナが本当に痛い年頃となってきたので、なるべくスタンしてもいいようにタイマンを心がけてますが、不用意に後退動作をすると石投げられることもあるし・・・。経験値だけに限れば安全に狩れるオットーのほうが上だけど、ここにはお宝ベアドールcががが。一度だけでいいよ、なんておこがましいこと言いません。一度だけカード出てくださいっ!


アインD2F攻略編はここでひとまず一区切り。

関連する過去記事
アインD2F基礎情報
アインD2F装備編

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

13 : 24 : 27 | [サマル教授]Lv90~Lv95疾風怒濤 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

suavis

Author:suavis
東京都在中。ラグナロクオンラインのブログです。元Iris、Sara、Bijou住人。一時期は読書感想文ブログに。はじめて訪れた方は「はじめに」をお読みくださいませ。リンクはフリー、コメントも歓迎しています。

最近の記事

月別アーカイブ

過去ログ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード