FC2ブログ

「エレGY」の感想文

こんにちは、suavisです。ROブログのくせに、あろうことか今回は単なる本の紹介です。場違いなことは重々承知しています・・・。と書きながら、実はそんなことたいして気にしていないじゃないかとも少々の自己嫌悪混じりに自分を疑ってたりもしますが(汗。ROネタを期待してた方には誠に残念ですけど、少しでも好奇心わいたなら続きをお読みください。


そもそもなんで本の紹介なんてするかといいますと、単純に自分が読んで面白かったからです。だから、他の人にも是非読んでみて欲しい、と。それだけです。

ではでは本題。今回ご紹介する本は↓。
「エレGY」泉和泉著 講談社BOX


簡単な内容説明
「講談社BOX発!最強のラブストーリー!! 「君のパンツ姿の写真が見たい!」。退屈で平凡な日常にうんざりしていたゲーム作家が、ブログについ書き込んでしまった一言。それが、彼女とのはじまりだった! 」(アマゾンの内容紹介)

「【講談社BOX新人賞・流水大賞優秀賞(第2回)】「よかったら、へんじください。へんじがこなかったらじさつします」 しがないフリーウェアゲーム作家の「僕」がネットの海で出会ってしまった彼女、その名は「エレGY」。破天荒に加速する“運命の恋”を瑞々しく描く。 」(オンライン書店bk1の内容紹介)




どちらの紹介文でも過激なフレーズが踊ってます。「パンツ」だの「じさつ」だの・・・。たしかに大筋で間違ったことが書いてあるわけではないです。「じさつ」のくだりはBOXの背にもプリントされてるものだし。しかし、ちょっとこんな紹介文では味気ないので、以下私なりに補足。


主人公は日々の生活に汲々として精神的な冬眠状態に陥ったフリーウェアゲーム作家「ジスカルド」(ハンドルネーム)こと「泉和泉」。そして未来が見えない閉塞感に陥った主人公の前に現れたのが、不思議な女の子「エレGY」。こんな二人の紆余曲折はらんだラブストーリーです。

・・・さらに味気ない紹介文が一丁できあがり、ですか。さすが素人紹介文、と自虐してもしょうがないので、もう少し続けます。

「エレGY」はリストカット少女です。「じさつ」のくだりももちろん「エレGY」の言葉。どんな女の子は多少想像できますよね。そして主人公もけっして順風満帆とは云えない煮詰まった人生を送ってます。こんな男女が出合って、ドロドロした暗い恋愛にでも発展するかと思いきや、でも全然そんなことない。「エレGY」の天衣無縫のはちゃめちゃな言動とそれをイヤイヤながら、あるいは喜んで受け入れる主人公との関係は暖かく読めますし、コミカルでサラサラしながらも薄っぺらな感じを与えない文体は、颯爽とした青春恋愛小説の趣きをこの本にもたらしているように思います。とにかく明るいです。暗くありません。ラストがまたスッキリとした味わいがあって最高です。

冒頭の「パンツ云々」の部分は、芸人風に評するなら「つかみ」と云えましょう。立ち読みして、心がつかまれたならどんどん読んでください。そういったことが苦手な方も、ここを少し我慢して読み進んでくれればと思います。(ちなみに私はつかまれたほう・・・!)

講談社BOXというレーベルからすればイラストなどがついてて当然な気もしますが、この本には著者のラクガキっぽいネコの絵しかありません。実は私が読んでみようと思ったのはそこが一つのポイントでありました。イラストがないのに逆にビビッときた。どっかのブログでも書かれてましたが読者を楽しませるためには、これは成功な気がしますね。読者の想像力を喚起するから。人それぞれの「エレGY」像ができるでしょうね、きっと。


以下、私の分析もどきの感想。ご興味ある方はどうぞ。
続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

13 : 29 : 18 | 読書感想文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

suavis

Author:suavis
東京都在中。読書感想文をメインに据えてますが、ぶっちゃけなんでも書いちゃいます。はじめて訪れた方は「はじめに」を絶対お読みくださいませ。リンクはフリー、コメントは超大歓迎。ブックマークに入れる推奨。

最近の記事

月別アーカイブ

過去ログ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード