FC2ブログ

「グインサーガ」を書いた栗本薫さんの訃報

作家・栗本薫さん死去(J-CASTニュース)

「マジ?」が、僕の第一声だった。
次の即座に思ったのは、というか栗本薫さんを知る人なら誰もが、「グインサーガ」どうなるの? と思ったんじゃないか。

「グインサーガ」とは、栗本薫さんの手による超長編大河小説。現在126巻まで出版されてる。前々回の質問の回答にあるように、僕は「グインサーガ」が大好きだ。

僕が「グインサーガ」を知ったのは高校生のころだった。

当時の僕はまず活字自体を読むのがそれほど好きじゃないというか、習慣ではなかった。読書家という言葉には全然当てはまらない人間だった。国語の授業は退屈だった。

そんな僕に読書の面白さ、いや中毒性というだろうか、教えてくれたのは「グインサーガ」だったのだ。「グインサーガ」を読んでからというもの、じょじょに活字の世界に人生が入りこんでいった。

当時「グインサーガ」はたしか40巻まで刊行されていた。図書館でふと手にとったのがきっかけだった。偶然としかいいようがない。栗本薫さんは言うに及ばず、作家の名前なんてほとんど知らなかったし、自主的に読んだ本なんて富士見ファンタジアからでてた、いまでいうライトノベル系の小説を片手で数えられるぐらいしかなかったと思う。

「グインサーガ」にはハマった。借りまくった。5冊の貸し出し制限が図書館にあったのだが、借りた5冊を帰宅してその日のうちにむさぼり読んでしまい、再度図書館にいってそれを返却し、続きを借りるなんて芸当したものだ。時間が腐るほどあったからともいえるが、でも「グインサーガ」だからこそだ。

さして時間もかからず当時の最新巻まで到達し、それからは新刊がでるたびに読んでいく人生がはじまった。図書館にいけば、まずチェックするのは「グインサーガ」だった。

ずっと好きな小説が「グインサーガ」であることを公言してきた。

一時期、「グインサーガ」から離れた時期もあった。自分自身の人生の急変に小説どころじゃないよ、というのもあっただろうし、心身ともに成長して「グインサーガ」にぞっこんというわけにもいかなくなったのかもしれないし、それにたしかに小説自体にマンネリ感というか中だるみ感というか、そんなものもあった。ナリスの死は致命的だった。「グインサーガ」に登場するあまたの人物の中で誰が僕の心を一番ひきつけたかといえば、放浪時代のグインやイシュトヴァーンも充分その資格ありだけど、やはりなんといってもナリスだ。「世界生成の秘密」といったような哲学的な概念を僕に吹き込んでくれたのは夢想家ナリスだった。

ナリスのいない「グインサーガ」なんて、「グインサーガ」じゃない。そんな風に感じもした(うろおぼえだけど、栗本さん自身もあとがきでそれっぽいこともらしてなかったっけ)。でもやっぱり僕は「グインサーガ」に戻ってきた。惰性と皮肉くることもできよう。でもある人はサザエさんや水戸黄門やこち亀を見続けるように、いい意味でのマンネリズムとも言えた。変に頭を動かさずに、安心して素直に小説世界に入り込み楽しむことのできる娯楽小説が「グインサーガ」だった。いわばホームタウン。それに時折胸がしめつけられる場面もあったりする。最近でいえばグインとシルヴィアの別れの場面とか。

新刊は順調にでていた。だから訃報には驚いた。続きはどうするの。

誰かが続きを書くのかもしれない。それはそれでいいでしょう。抵抗感がないといったら嘘になるけど、でたらいつか読んでしまうと思う。それでも。栗本さんのはっちゃけたあとがきって、今思うとあれもあれで「グインサーガ」の味の一つだったんだなぁ、と思う。正直、僕は書いてある内容はよく理解できなかったけれども。あのあとがきがない「グインサーガ」を読んだら、やっぱり「グインサーガ」は終わってしまったんだな、と感じてしまうかもしれない。まさにナリス亡き後の「グインサーガ」のように、栗本亡き後の「グインサーガ」。

続きが永遠にでないのもそれはそれでいいかもしれない。人生、たらればがつきもの。栗本さんが生きていたら。そう思い続け自分が死んでいくのも一興。人生や。

僕は122巻「豹頭王の苦悩」まで読了している。栗本さんがてがけたグインサーガ最終巻は126巻「黒衣の女王」となった(もしかしたら127巻やそれ以降の原稿が亡くなる前にできあがっていていずれ出版される可能性もあるのかもしれないが)。一巻一巻噛み締めるように読んでいこうかな、と思います。
スポンサーサイト



テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

01 : 03 : 18 | 読書感想文 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

ウェブはバカと暇人のもの

バカと暇人が愉しめるウェブだから凡庸なぼくは世界を語る

素晴らしい。味のある文章です。

>そんな凡庸な人間が書いた辺境のブログがいったいぜんたい面白いのかと問われれば、これはとても面白いと答えるよりない。誰が面白いのかってそれはもちろん、ぼくが、だ。

清々しい開き直りに思わず声を出して笑ってしまった。


>無駄な時間こそ人生である。

>生きることは世界という情報を断片的に読むことに違いなく、些か乱暴にフィルタリングされ濃縮された断片である文字情報が、麻薬のように脳を快楽で蝕むなんてことは思えば当然のことである。

>これを敗北というならいうがいい。所詮、世界の断片の話だ。

特に最後の言葉がじんわりきますね。
「敗北」という認識、「所詮」と続ける肝の据わり方が文章に血肉を感じさせます。
01 : 29 : 45 | 読書感想文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

本好きへの100の質問

本好きへの100の質問なるものをやってみた。

本好きへの100の質問

長い、長いよ。
続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

22 : 58 : 33 | 読書感想文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログ紹介

ゲームブログから、今のようなスタイルになってチェックするブログも変わった。

ゲームブログの場合、そのゲームのブログ群というか共同体が形成されていたので、自分のブログを立ち上げる際には書き方や話題の取捨選択など、アクセス数の多い有名ゲームブログなどを参考に見よう見真似でやったものだし、随時他のゲームブログを巡回してた。そうやってゲームブログ共同体に参入し、そこで活動した。

今は何を参考にしてよいのやら。というか、自分のブログがどの共同体にも属してない気がする。

ゲームブログ共同体を出奔した後、ネットサーフィンを繰り返してはピンとくるブログをお気に入りに追加。次第にチェックするブログも固定されてきた。

以下に紹介するブログ群は、僕が日々チェックしているもの。



Weep for me ボクノタメニ泣イテクレ

<コラム系ブログ>
簡潔でまとまりのある文章を、小気味よく更新してくれるサイトで、内容がいい意味で常識的なので読んでて安心感がある。

ハックルベリーに会いに行く

<コラム系ブログ>
一度トラックバックを打たせてもらったブログ。練られた密度の濃い文章を更新率高めで読ませてくれる。

シロクマの屑籠

<コラム系ブログ>
少し斜に構えた視線が、興味を引く。シューティングゲームに関する文章が俊逸。

肉欲企画

<文学系ブログ 18禁>
単刀直入に、エロブログだ。エロ画像が貼り付けてあるわけでもなく、長文が書き綴られてるだけなんだけど、ネタがただエロのみ。なのでご注意を。

個人的には一番好きなブログ。ネタがエロなのに、文章からは気品が漂う摩訶不思議。ってか、控え目にいっても文才ある。ネットでまさかこんな格調高い文章が、しかも題材がエロで読めるとは思いもよらなかった。ネット歴たぶん10年もいってない僕だけど、ネットの海を徘徊しててこのブログを見たときは、何かを"発見"したという衝撃があった。

厳選した記事を本にまとめて金取れるじゃないかと思うぐらいのクオリティ。就寝前にベッドでパラパラ読むにはうってつけだ。

このブログには、まさに"ここでしか読めない"雰囲気が充満している。

肉欲企画に対する感嘆は、ブログによる表現の可能性にまで僕の妄想を膨らませてくれた。


以上。結果的には知る人は知っている有名ブログばかりとなってしまった。

リンクやトラックバックを飛びまくっていろんなブログを覗いている僕だけど、思考のフィルターに一度かけて構成された息の長い文章を書け、書く対象も広域なブログとなるとそんなに多くないのかもしれないと思った。僕の趣味が狭量で、一般的にはこれぞ、というブログが無視されているだけなのもあるけど。


上に挙げたブログの共通点を探ってみるなら
・文章に、その人の個性が滲み出ている
・読みやすい、まとまっている。つまりリーダビリティに一定の配慮がある。
・閲覧者の関心に対して、文章の内容にまで踏み込んで配慮している。

有益な情報があったとしても無個性で新聞記事のような味気ない文章だと読む気減退。そのブログだけでしか読めない魅力的な文章を求めて、そのブログを訪れるわけだが、でも読みやすさを欠いただらだら長文ではブラウザを閉じたくなる。(「肉欲企画」は長文だけど最後まで読ませてしまうテクニックが確実にある)そして、さらに文章のネタが自分の関心と合致していればなおさらいい。
00 : 18 : 12 | 読書感想文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

suavis

Author:suavis
東京都在中。読書感想文をメインに据えてますが、ぶっちゃけなんでも書いちゃいます。はじめて訪れた方は「はじめに」を絶対お読みくださいませ。リンクはフリー、コメントは超大歓迎。ブックマークに入れる推奨。

最近の記事

月別アーカイブ

過去ログ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード