FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ぽんでらいおん

これを見てくれ。

BUMP OF CHICKEN
ダンデライオンのフラッシュ
ぽんでらいおん



はじめて見た時、心が無防備になりただただ泣いてました。

涙の理由を 知ってるか
俺にはわからないが

と歌詞にもあります。
私もうなづきたい気持ちに駆られるけど、自分の涙の理由を言葉にする、という無粋な行いを敢えてしてみます。

ダンデライオン(dandelion)とは英語で「タンポポ」の意です。そしてフラッシュでは、タンポポの他にライオン(lion)が出てきます。


涙の理由
ライオンが本当に死んでしまうので悲しい。
落雷が、ライオンが渡ろうとするつり橋を直撃し、ライオンは崖下に転落し命を落としてしまうのです。
可愛いイラストで描かれたライオンなのでなごやかな雰囲気をフラッシュは与えてくれる一方、ライオンの死という冷厳な現実がしっかりと刻み込まれており、グサりと心をえぐります。

なぜ死は悲しいのか。
このような考え方があります。
天寿を全うした人の死を、残された人はいったん悲嘆に暮れるも粛々とそれを受け止めることができています。私達には寿命がある。その意味ではいつも誰かが常に死んでいってるわけで、そのような死を受け止めることができなければ社会の存続は危ういでしょう。

しかし事故や他者の加害などで命を奪われることはどうか。その死はいわば不運と云いたくなるものである。それがなければ、まだまだその人は生きていられた、残された人はその死を悔やむと同時にありえた未来の生の可能性に想いを馳せ、悲しみはより一層大きくなります。ありえた未来の時間が長ければ長いほど。子供の死は、老人の死より悲しみを激しく引き起こします。子供には溢れる未来があったのだから。

ライオンの死は落雷という天災によるものである。自然の摂理であり、寿命に近いとも云えそうだが、やはり不運だ。そう何度も起こるものではないし、普段は安全に渡ることができた釣り橋だったのだ。イレギュラーな要因による死は不運です。

涙の理由
ライオンは、琥珀をくわえてタンポポに愛を表現しようとした直前に雷を落とし、それを阻んだ天を呪うでもなく、サバンナから自分を追いやった動物達を憎むのでもなく、不運を甘受する強さ、そしてその不運の真っ只中でもタンポポを力いっぱい気遣う優しさがありました(「濡れた頬の冷たさなど 生涯、お前は知らなくていい」)。

ライオンは、自分がタンポポから愛されてないようにも感じた(「お前のような姿になれば 愛してもらえるかなぁ」)。でも「濡れた頬の冷たさなど 恐らくお前が奪ったんだ」とタンポポに感謝した。そもそもタンポポに琥珀をプレゼントしようと、つり橋を渡って命を落としたのだ。しかしタンポポを責める気持ちは微塵もない。たぶんライオンに言わせれば、そんなものありえない、ありうるはずもない。

そして命尽き果てる際

涙の理由を 知ってるか
俺にはわからないが
この心の 温かさが
そのまま答えでよさそうだ

とライオンは満ち足りた言葉を残して世を去ります。

このライオンの生き様が心を打ち涙が流れます。


涙の理由
このフラッシュでは、タンポポが擬人化され顔と共に描かれます。しかしタンポポに意志はない。タンポポは、ただただありのままに野に咲いていただけです。

お前は俺が怖くないのか
逃げないでいてくれるのか

とライオンが質した時、一陣の風が吹き抜けタンポポを揺らしただけでした。ライオンの死を追うかのようにタンポポは枯れ、綿帽子を散らしますが、しかしそれはタンポポがタンポポとしての生をただ全うしただけです。綿帽子が崖下へと着地したのもただ風がそのように吹いたからであり、種が芽吹き谷底で花開いたのも、そこに種と土と雨と太陽の光があっただけだ。

ライオンの一人相撲。

でもそこには喜びがあった。世界がそのまま存在することが喜びにつながっていた。谷底でタンポポが咲いている。ライオンはタンポポ自体に愛されたわけではない。風が綿帽子をそこに運んだだけだ。だけれどライオンは無条件に愛されていたのだ。誰に、と言われると言葉がつまるけどでもそうなのだ。

タンポポの笑顔はタンポポの笑顔でありかつタンポポを越えている。その超えた何かを、タンポポが枯れ綿帽子となり空に舞うシーンが表現している。それに触れた時に感じる喜びが涙となってつい流れるのです。


このフラッシュの言葉に尽くせない輝きの絶頂はタンポポの笑顔と綿帽子にあるじゃないかな、と思ってます。
17 : 12 : 17 | 読書感想文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「NHKにようこそ!」滝本竜彦著 | ホーム | 読書日記1>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suavis.blog88.fc2.com/tb.php/157-c39cbcd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

suavis

Author:suavis
東京都在中。読書感想文をメインに据えてますが、ぶっちゃけなんでも書いちゃいます。はじめて訪れた方は「はじめに」を絶対お読みくださいませ。リンクはフリー、コメントは超大歓迎。ブックマークに入れる推奨。

最近の記事

月別アーカイブ

過去ログ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。