FC2ブログ

胸のモヤモヤ

みんなと同じように

僕が自分の人生の歩みを定める時、無意識のうちにそれが下敷きとなっていた。中学生から高校に入るときには、勉強なんてあんまりしたくないのにみんなと同じように高校にいった。

小学校から中学校に進学するのって、まだまだ狭い学区でのことだからクラスメイストに知り合いなんてたくさんいる。小学校の延長のように、日常的に友達と顔を合わせられる空間として中学はあって、だから中学にいくのにそんな葛藤はなかったように思う。その年頃じゃ行き場所なんて学校ぐらいしかなかったし。

でも高校となると違ってくる。高校は自分で選ばなければいけない。中学時代の知り合いの同級生の数も微々たるものとなってくる。自意識が学校の幅におさまりきらないほど、成長してくる。学校がよそよそしいものに感じられてくる。それが中学、あるいは小学のころから感じる人もいるだろうし、自意識と学校生活がぴったりとおさまった楽しい青春を送る人もいるだろう。「楽しい」とちょっと皮肉っぽく書いたのは、学校という世間絶対公認の空間になんの疑問も抱かずに生きていけるのはたまたまの僥倖にように思えるから。本人の努力と関係ないところで、恵まれている、といえる。

ともかく僕は高校からだ、学校に疑問をもちはじめたのは。でも、みんなと同じように学校にはいってた。

ほかにすることないし、みんなもいってるだから僕もいかなきゃ。

不登校をきめこむほど、他にやりたいこともないし、かといって漠然とした学校に対する不満だけで、学校にいかないのもどうかな、と思った。みんなと同じから外れることにはうっすらとした不安がある。そして、その不安を打ち消すには学校へいく以外に方法はなかった。

でも、みんなと同じように学校いってなんになるだろう、と別の不安もあったのだが、じゃあその不安を拭い去るのに具体的にどうすればいいのか見当がつかない。

学校は先生からいろいろ教えてもらいながら勉強する場所。そこにいきたくない気持ちを抱えては勉強に身も入るはずもない。勉強もそこそこにゲーセンと麻雀と競馬と読書にうつつをぬかした。言葉にするとそっけなく感じるが、まあそんなどこにでもある青春。

時は刻々と進む。高校卒業が迫る。

この先どうするか。

進路を選択する機会を否応なく叩きつけられる。

世間一般では大学くらいでてなきゃ、という観念あると思う。みんなと同じように生きてきたのだから僕もそれぐらいは知ってた。ただ、これ以上勉強することに当時ウンザリしてたのも事実だ。大学?なにそれ食えるの?的な意識が一方であったし、成績もさんざんな状況で大学なんていけるわけないとも思った。

働こう

と一度は思った。僕が通っていた高校は進学校では全然ないので大学に進学しないやつも大勢いたし違和感はなかった。ただ就職先をどうするか、明確なイメージなんてものもまったくなかった。学校を出たら、自分で稼いで生きていくのがまさにほとんどの人間がやってることだし、就職という選択も、みんなと同じ、という思考の延長線上で漠然と考えてただけであった。

世の中、貴賎を問わず職業なんて千差万別、無数にある。

僕はどれを選択すればいいのか、いや選択したいのか。

うんなものはない。というか、職を選ぶのに理由なんているのか。はっきりいって働いてる大人の姿を見て、その職を選んだ明確な理由、強い意志など見て取れなかった。職なんてなんでもいいや、と投げやりな態度を暗に見せる僕に、親は大学進学を勧めた。小理屈ばかりを考え、内気で無気力な僕を見て、このまま社会に放り込んでも野たれ死ぬだけだ、と考えたのかもしれない。大学に入ることで何かが変わり、人前で胸をはれる立派な息子に成長するかもしれない、と期待したのかもしれない。

親の勧めに反対する理由がなかったから、大学受験したが案の定すべて落ちた。これまでの己の学業を省みれば当然の結果だったので、ショックはなかったと記憶している。浪人して勉強した。たまに予備校いって、あとは日々図書館で勉強した。やってみると案外、勉強は楽しかった。先生に命令されてやってる勉強ではなかったからだろう。歴史を知ることのできる世界史が特に楽しかった。そんなこんなで大学に合格することができた。

大学時代はみんなと同じように普通の青春を過ごした。特にここで長々と記す必要のあることはない。端的に大学にいってよかったと思ってる。曖昧で何も伝わらないことを承知で書けば、様々なことを知り体験できた。いきたくてもいけない人のことを考えると僕は十分に恵まれている。

ただ大学にいっても、問題は何も解決してないように感じる。

さて、大学を出て何をすればいいのか、いやなにをしたいのか。

大学進学は親の鶴の一言で決まったが、もうそうもいかない。
ここで恋人の鶴の一言でもあればもっけの幸いだが、そんなものを相手に欲しがる交際は長続きしなかった。
順当に考えれば、みんなと同じように就職しかない。大学院にいったって、先延ばしでしかなかった。

就職して何をすればいいのか、いやなにをしたいのか。

結果から言うと僕は就職して現在働いてる。だからといって、問題が解決してるわけじゃない。口先だけで潜り込める会社なんていくらでもあるものだ。そして、自分をだましだまし、なだめすかし、業務を遂行することができる。

それもみんなと同じ。

かもしれない。でも僕は一方でみんなと同じなことにたまらなく不安を感じるのだ。

違う。みんなと同じように生きるのが辛いのではなく、自分の心の動きを正確に言葉にしてみるとこうだ。

みんながこのように生きてるのだから、僕もこのように生きなければならない、何をするにしても僕の意識はもう反射的にまずそのような思考が真っ先に声を上げる、その声に順応するにせよ、反抗するにせよ。そのような生き方に不満を覚えるのだ。そのような身体になってしまった自分に憤りさえおぼえる。

ファーストチョイスが、みんなと同じように。

自分の行ったことが結果的にはみんなと同じようになったことに不満、不安なのではない。やる前から、みんなと同じように、という起点からしか物事を考えはじめることできない自分に苛立っている。

僕は人の顔色をうかがいながらやってきた。それが染み付いたせいだろう。それが拡張されて世間の顔色をうかがうしか能がない人間となった。リアクションで生きる人生。それはたぶん安全で疲れない人生だ。自己実現という言葉があるけど、そんな話をしたいのではなく、社会を生きる上でリアクションではないアクションをするのは危険な行為だから、リアクションから外れることを行うのは怖い。そして、僕には怖さをねじ伏せるだけの内発的な欲望というものがない。あるのかもしれないけど、それをまず言葉にすることすらできない。だから、ないも同然だ。ないならないでけっこうなので、みんなと同じように生きさせてくれ、と思いもするが、胸のモヤモヤは消えてくれない。
16 : 49 : 20 | 読書感想文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<風の歌を聴け 村上春樹著 | ホーム | 「花散里」(針谷卓史著)の感想文>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suavis.blog88.fc2.com/tb.php/167-3dcdee05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

suavis

Author:suavis
東京都在中。読書感想文をメインに据えてますが、ぶっちゃけなんでも書いちゃいます。はじめて訪れた方は「はじめに」を絶対お読みくださいませ。リンクはフリー、コメントは超大歓迎。ブックマークに入れる推奨。

最近の記事

月別アーカイブ

過去ログ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード