FC2ブログ

サマルについて

「フリーキャスト」の記事でこんなことを書きました。
魔法詠唱中にも物理攻撃ができることから、オートスペル(AS)、物理攻撃、手動魔法攻撃の3つを組み合わせた複合的な攻撃が可能になります。

そして物理攻撃力を上げるためにSTR、魔法攻撃力を上げるためにINTを振った型がサマル型です。フリーキャストの特性を最大限に生かそうとするなら、STRとINT両方に振るのはある意味理に適っていると言えます。しかし防御ステ、手数を増やしASが降る確率を上げるためにAGIにも振らなければなりません。STR、INT、AGIどのステも極振りが有効なステであり、逆に言えばある程度極振りしないと効果がでません。STR極振りを生かせる物理攻撃スキルがセージ・教授にはないので、STRは別としても、やはりAGIとINTにはそれなりに振らないと機能しません。極振りができるステの種類は二つまでが限界でしょう。三つのステに極振りなどステータスポイント足りません!だからこそSTRは諦めてINT=AGI二極のFCAS型への方向性が見えてきます。

しかし、しかしSTRにも振りたい!!
FCASという戦い方を突き詰めるならSTRにも振ってみたくなります。
だって魔法詠唱中にASも付けて物理攻撃ができるのですから。
極振りステの種類が二つまでのラグナロク。そしてFCAS型ならその二つはINTとAGIです。さらにその上STRも振るとなると何かを削らなくなり、特化ステが強さの源となるラグナロクでは器用貧乏となってしまいます。このようにSTRにも振った器用貧乏なFCAS型の呼称がサマル型です。

「サマル」というのはドラゴンクエストⅡのサマルトリアの王子に由来します。ドラクエをやったことある方なら、PTにおけるサマルトリアの王子の立ち位置はおわかりでしょう。サマルトリアの王子は戦士としても戦え、魔法も使えますが、その能力はローレシアの王子の戦闘力、ムーンブルクの王女の魔法力と比べるなら劣ります。なんかちょっと微妙なキャラ、それがサマルトリアの王子。(ルーラとか重要な魔法をこの王子は使えたりはしますが)微妙キャラではありますが、最初PTに加わった時は感動ものなんですよね~

と、脇道に逸れましたが、どうやらこのサマルトリアの王子の微妙っぷりがSTRを振ったFCAS型に重ねあわされてサマル型という呼称が定着したようです(推測

サマルの長所
・MDEFが高いMob、4属性以外のMobに殴りという対抗手段が持てる
(ただし純殴り型には劣る)
・積載重量が増え、回復財などが多く持てる
・INTを抑え目にすることで、早くからFCASができる

サマルの短所
・ステータスポイント足りない
(これは転生することである程度緩和)
・FCASを早くからできるにできるが完成は遅い
・INTを抑えるので高効率のマジ狩りができない

これはまだSTRに振ったこともない私の素人イメージだということをご了解ください・・・

なんだかやっとブログタイトルに相応しい記事が書けたような(ナニ

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

22 : 01 : 21 | [セージ・教授系メモランダ]FCAS・サマル考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サマルのステータス配分 | ホーム | 殴りアコさん、サソリ砂漠へ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suavis.blog88.fc2.com/tb.php/24-19753ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

suavis

Author:suavis
東京都在中。読書感想文をメインに据えてますが、ぶっちゃけなんでも書いちゃいます。はじめて訪れた方は「はじめに」を絶対お読みくださいませ。リンクはフリー、コメントは超大歓迎。ブックマークに入れる推奨。

最近の記事

月別アーカイブ

過去ログ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード