FC2ブログ

ダブルFCAS教授

派手だ!


こんにちは、suavisです。今日は特異な臨時の報告をさせていただきます。ダブルFCAS教授で監獄行ってまいりました!臨時といっても、もう一人の教授さんはお友達でありますがっ。最初から二人でプリさんかリンカーさんを募集。誰も来てくれないのではないかと二人でひそひそ話してたのですが、運よくDEXハイプリさんが入室してくださいました。

Lvは私が79、もう一人の教授さんが89、DEXハイプリさんが82だったかな。

狩りの内容はというと、どんなMHでも危なげなく対処でき、すこぶる安定。沸きがかなりいい時間帯でしたが、次から次へとばったばったと敵をなぎ倒す。もう一人の教授さんがINT高めの賢者の日記装備なので、火力高かったです。そしてダブルのダブルキャスティングは圧巻ですね。ボルトの雨のどしゃぶりでリビオもすんなり落ちます。途中でリンカーさんから辻魂をもらった時はさらに凄いことに・・・。言うまでもなくハイプリさんの力も大きかったです。アスムはもちろん、こまめに闇ブレスをしてくれたりスティールのおまけまで。

この臨時で私にとって印象深かったことは、これが同じ教授かと思っちゃうほど火力に歴然とした差が(^^;)。お友達の教授さんのほうは素INT94、賢者の日記装備、料理も食べてたそうですがMAXMATKが930ぐらい、私はと言うと430ほど・・・。倍以上違うじゃないですか!!こんなに水をあけられるとは。過去の記事でINT値ごとのボルトの威力を比較したこともあるように頭では分かっていたことではありますが、こう間近でボルトの威力を見ると、明らかな火力の違いをあらためて実感。Lv差が下限と上限ということを考慮するにしても、この火力の高さを見ると私ももう少しINT振りたくなっちゃいます。ことFCAS内に限って言うと、セージと教授の大きな違いはまずダブルキャスティングの有無にあると思いますが、転生らしさがくっきりと見えるような火力を身につけたければなるべくINT高いほうがいいかもしれませんね。INTを高めることは教授の長所を伸ばすことにつながります。反対に私のダブルキャスティングの位置づけはさらに火力を高めるというより、INTを削った低火力の底上げを図るという後ろ向きの発想なのです。そのぶんSTRに振った味付けがどのような形で見えてくるかは私にもまだわかりませんが@@。このSTRじゃ味が出るほどまでに熟成してない感じ。

同職の働きぶりを間近で堪能でき、ワクワクドキドキの貴重な時間でした。

ダダダ

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

10 : 48 : 56 | [サマル教授]転職~Lv80黎明 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ソロでオットー 事前リサーチ | ホーム | サラダでも食べよう(ジオグラファー狩り)>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suavis.blog88.fc2.com/tb.php/49-72a3f8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

suavis

Author:suavis
東京都在中。読書感想文をメインに据えてますが、ぶっちゃけなんでも書いちゃいます。はじめて訪れた方は「はじめに」を絶対お読みくださいませ。リンクはフリー、コメントは超大歓迎。ブックマークに入れる推奨。

最近の記事

月別アーカイブ

過去ログ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード