FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

天空にそびえる賢者の都市ジュノー

ジュノーイメージ図


公式サイトで発掘しました。普通は誰もが目にする公式サイトなので、「発掘」という表現はおかしいかもしれませんが。今までロクに公式サイトなど見もしなかったので驚愕しました。これがセージ・教授の故郷であるジュノーのイメージ図だそうです。この驚愕を元につらつらと筆を走らせます。

ジュノーという都市が、空中に浮かぶ天空の都市だったとは!教授になってもまだそんなこと知らなかったのかよ、と石投げないでください。クエストなんてエンター連打がデフォな人間で、ラグナロクの世界観にはかなり疎いのです(^^;)。青空や雲が街の狭間から垣間見えるので、高地にあるような都市なんだろう、とは薄々思ってましたが、実はユミルの心臓を主動力源として空中に浮いてるのです。イメージ図を見るとまるでそうラピュタですよね。都市の外観もそうですが、都市のバックを覆う雲もラピュタ風味。飛行船やアインの網の目に走る線路などラピュタの世界観にぱっちりのものも色々あるし。といっても、政治体制はムスカ大佐の独裁体制のようなものではなく、ここジュノーは共和国の首都です。

シュバルツバルド共和国の首都 ジュノー(Juno)
賢者の都市とも言われるジュノーは、シュバルツバルト共和国の首都として、ルーンミッドガッツ王国と親密な同盟を結んでる。ジュノーは共和国を治める中央機関の議事堂や、2次職業の一つである“セージ”に転職することが可能なセージキャッスルがある島“ソロモン”と、モンスター博物館、共和国図書館、シュバルツバルト魔法アカデミーといった、公国のすべての知識が集約した島“ハデス”中央広場と住宅街が位置した島“ミネタ”といった三つの島が集まって構成される。


公式から引用。

ジュノーはソロモン島、ハデス島、ミネタ島の三つの島から構成されてます。(ジュノーエピソードの紹介文だとハデス島は「スノトラ島」と記載されています。どっちが正しいのでしょう?)そしてそれぞれの島が浮遊しているのです。ジュノーの上からの見取り図を見てみましょう。

ジュノーマップ


紫の線で囲まれた島が議事堂やセージキャッスルといった施設があり、ジュノーの中心となるソロモン島。赤い線が知識の島、ハデス島。水色の線は商店が立ち並び生活の匂いを感じさせる居住地ミネタ島となるでしょうか。島ごとに特徴があるようです。

真ん中左には飛行船乗り場があり、各街との交通網として機能しています。昔は飛行船などなく、ジュノーに通じたカプラ転送すらありませんでした。徒歩やテレポ連打で辿り着くしかなく、近辺でめぼしい狩場といってもノーグロードだけでGH全盛時代。この頃はジュノーって遥か遠い異国の地のようだった記憶ありますが、その頃と比べると時代も変わりましたよね。

知識の島ハデス島にあるシュバイチェル魔法アカデミーの一室を見てみましょう。
                               「歴史とは・・・」
講義中

将来を嘱望された才媛な女性をアシスタントに、厳かな雰囲気の中講義を行っている教授がいました。ここは世界の知恵者が集う賢者の都市。日夜研究と教育に励んでる様子がうかがえますね。

ご存知のとおり、このシュバイチェル魔法アカデミーがセージへの転職を申請する場所です。様々な課題をこなし、卒業論文を提出。最後にソロモン島左に鎮座するセージキャッスルに行き、そこにいる魔法アカデミー学長のもとへ行けば晴れて転職となります。

魔法アカデミーという確固とした制度のもとセージはあります。何かWIZとの相違点がイメージとして膨らんじゃいます。WIZの転職所はゲフェン塔頂上にある魔術師ギルドですが、塔の頂上という場所からしてどこか閉鎖的で、秘教的な印象さえ感じます。WIZが操るその強大な魔法、神秘的な力は秘術として個人から個人へと受け継がれていくのとは対照的に、セージの魔法に関する博識は、著述や講義といった形で広く公開され連綿と受け継がれてく・・・。イメージ膨らみすぎですか。

セージキャッスルにはあの有名なぼったくり本ユミルの書が保管されています。転生するにはどうしても読まなければいけない書物。となると、ここジュノーはセージ・教授の故郷であるばかりでなく、転生職の故郷とも言えるかもしれません。

ジュノーは知の都市として栄え、ジュピロス発掘作業でわかるように古代研究が盛んです。また科学技術も発達しました。蒸気機関の発明は燃料となる鉱物の採掘を促し、鉱山街アインブロックを生み出しました。古代研究と科学技術は生体工学へと結晶し、そしてその研究をシュヴァルツバルト共和国最大の企業レッケンベルが推し進めるのです。レッケンベルは峡谷にあるしがない村でしかなかったリヒタルゼンに居を構え、貧民街の形成へとつながるような強引な開発や飛行船による交通網の整備と共にリヒタルゼンを一大都市へと発展させます。こうしたレッケンベルの活動によって最難関ダンジョンと言われる生体工学研究所が生まれたのでした。

賢者の都市ジュノーを紐解いて見ると、エピソードの連なりが満載です。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

23 : 11 : 07 | [実は力を入れてる記事]誰でも読めるRO雑文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<はじめに | ホーム | Lv80に到達~>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suavis.blog88.fc2.com/tb.php/53-31f4c4d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

suavis

Author:suavis
東京都在中。読書感想文をメインに据えてますが、ぶっちゃけなんでも書いちゃいます。はじめて訪れた方は「はじめに」を絶対お読みくださいませ。リンクはフリー、コメントは超大歓迎。ブックマークに入れる推奨。

最近の記事

月別アーカイブ

過去ログ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。