FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

アラームの95%Fleeは218

意味不明なタイトルで始まった今回の記事。私の元メインキャラだったAGI騎士のことから話を始めますっ。

はるか昔々AGI騎士の一つの到達点は時計地上3Fでアラームを狩れることにあったと思います。アラーム狩りが一つのステータスだったというか。ご存知のとおり騎士には回避向上スキルがありませんし、AGI補正もかなり低いほうです(騎士の最終AGI補正は2)。まして当時、九尾狐カードや料理といった便利なものも存在しませんでした。なので、このアラーム95%Flee値218を満たすのはLv90台に入ってからが普通。だからアラーム狩りが目指しがいのある目標点として据えられた、といった運びです。そしてAGIカンスト級の方はさらなる高みを目指して時計地上4でクロック狩りに励む。当時の空気を私なりに言葉にしてみるとこんな感じです。

アラームがAGI騎士の育成指針を方向づける象徴的なモンスターとしてあったじゃないかなぁ、と。そんなわけで私の頭の中ではAGI騎士を辞めた今でもFlee218という数字がこびりついているのです。補正なしAGI値でいうと、カンストするかしないかの議論はあれど、とにかく90↑が推奨だったかと思います。

今のAGI騎士さんはどんな物語を紡いでいるでしょうね。皆目わかりませんが、アラーム狩りってのはもうはやらないのかな?


前置きはこのぐらいにして本題です。目下、My教授のAGIをどこまで上げればいいのかが思案中となっています。だもので、FCASにとって上で触れたAGI騎士のアラームのような象徴的なモンスター、言い換えればFlee218といった一つの基準となりえるものはないものかと考えているのです。真っ先に思い浮かぶのはオットーですよね。オットーの95%Fleeは207。これまで私もこれを一つの目安にしてました。ただ現状の狩場全体を見渡すと、もう少し上に目をやれば一挙に狩場が広がります。色んな狩場をソロで気軽に楽しめる、というAGI職の魅力をもっと引き出してみたいと思うのですよ!というわけで、Flee207からもう一ランク上の世界に思いを巡らすと

アイスタイタン Flee214
カホ Flee215(グリズリー Flee213)
アノリアン Flee216
スリーパー Flee217

私の思いつく範囲で目ぼしいMobを列挙してみました。もっと上を見やるとFlee223のリビオなども視界に入りますが、だいたいFlee217ぐらいまであるといける狩場もさらに広くなるじゃないでしょうか。はからずもアラームに近づいてしまいました。

では、この95%Flee値を横目に見ながらAGIをどこまで上げるのが適当か考えてみます。オットーカードという便利なものも存在しますが、Cダガーの使用を考慮に入れてオットーカードはひとまず脇に置きます。また自分の教授は将来FW切るつもりですし、マジ狩りできるほどのINTもないのでガチることを前提とします。さらにやっぱり手動DCボルトも落としたいので霧も脇に置きます。

Lv90、AGI90、Job補正AGI+7(JobLv54)を想定してみます。
装備は木琴(Flee+20)、ククレブローチ1個(AGI+3)、エリュダイト風車のかんざし(AGI+2)、チョンチョン靴(AGI+1、Flee+2)とします。

90+90+7+20+3+2+3=215

このように計算するとAGI90でFlee215までいきました。つるつるおそば(AGI+2)、ハイレベル外套(Flee+20、AGI+2)の選択肢もあるのでAGI90もあればいろいろな狩場回れそうな感じしますねっ。青とんがり帽子(AGI+2、Flee+5)を装備するなら、AGIを85前後で止めるのもいい気します。ただAGIは攻撃ステとしても機能します。ASPDが上昇するわけですから、サマルなMy教授は殴り強化のためにもAGIは90まで思い切って伸ばすほうがいいかな、と考えちゃいます。STRに振ると殴りダメだけ増えますが、AGIに振ってASPD高めればASの振る確率も上がるので殴り(STR)とAS魔法(INT)の両方が生きてきますし。このへんのバランスははっきりいってイメージで語ってる部分があって深く計算してはいないけど(汗、高ASPDで殴るのは見てて気持ちいいですしAGIに振りたくなるっ。

ステータスバランスのさじ加減が、サマルの一つのひそやかな楽しみだと感じますのでAGIだけ取り上げて議論するのもどうかな、と思いますが、Fleeという観点を重視するとAGI90まで上げてもよさそう、という結論に私なりの思考過程で到達しました。

といっても、優柔不断なので他のステとの兼ね合いも含めて、もう少し悩む日々が続きそう(ソンナオチデスカ。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

19 : 22 : 49 | [セージ・教授系メモランダ]FCAS・サマル考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ドリラーは成長のバロメーター | ホーム | 殴り教授さんと行く聖域1F>>
コメント
やはり217じゃないですかね。
 記事タイトルには苦労しますよね。単調な物並べてもつまらないですし、なんとか捻ろうとすると突飛になって、今度は却って訳が分からなくなってしまいがちという。
 一瞬「へ?」と思わせつつ、ちゃんと記事を読んでいくと意味が通ってなるほどニヤリ、とできるタイトルが一番洒落っ気があって良いんでしょうけど……いかんせん難しい。

 さて教授の目標Fleeですけど、挙げられてる中にスプリングラビット210が無いのは、やはりsuavisさんだなぁと思いました。HD切りだと亀地上はそりゃ狩り場から外れますよね。
 私の教授はまさしくその亀地上を一つの到達点に考えてますので、目標は210です。計算上ではBase93、素AGI82、ククレブローチ・木琴・チョンチョン靴でFlee209の予定。suavisさんの教授よりINT振ってるので、Base90では達成できませんが、そこら辺は料理なんか使って補おうかと思ってます。
 ちなみに最終値は86の予定。一見中途半端ですけど、計算上ではそれでASPDが一つ上がりますので。
 コメントタイトルの217は、スリーパーの目標値です。スリーパーは美味いようですね、経験値効率もさることながら金銭的に。もちろん216のアノリアンも達成しているので、経験値重視+カードでの一発狙いならそっちに行くのもありかと。
 まぁ、単純に高い方が汎用性が上がるから、挙げられた中で一番の高い数字を言ってるだけという噂もありますが。

 サマルの妙がバランス配分に悩むことにあり、というのは割と同意です。楽しいですよねあれこれ悩むの。
 とはいえ私は目標先行型の人間なので、すでに某計算機には、Lv95時点での教授が登録してあったり。悩む楽しさの段階は、とっくに通り越してると言えるかもしれません。
 まぁ「エリュダイト聖なるマーチングハット」とか「+9ハイレベルフード」とか、かなり理想化した装備をしているので、今度はそれを現実化する楽しみがあるんですけどね。
by: 日下部真琴 * 2007/08/24 00:14 * URL [ 編集] | page top↑
タイトルは苦労しますよね
読んでいるとわかるように、私のタイトルはベタな直球が多いです。でもたしかに直球ばかりじゃつまらないので、たまに変化球を投げることも。

たしかにHDないので亀地上は敬遠気味かもしれません。あと私の中でスプリングラビットは、オットーラインに属するMobなんですよね。だから挙げませんでした・・・。AGI騎士でも亀地上やオットー狩ったりしますが、そこからアラームへは一つ壁があると思ってるので、その理解をひきずっていたのかな。ということは本文で列挙したMobはアラームラインに属するものとして捉えてる、ということに。

スリーパーとガチりたい気持ちあるので、やっぱり217になるでしょうか・・・。

目標先行型ですか。私はどちらかというと試行錯誤型になるのかな。迷走しっぱなしです!
by: suavis * 2007/08/24 23:32 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suavis.blog88.fc2.com/tb.php/90-6b231d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

suavis

Author:suavis
東京都在中。読書感想文をメインに据えてますが、ぶっちゃけなんでも書いちゃいます。はじめて訪れた方は「はじめに」を絶対お読みくださいませ。リンクはフリー、コメントは超大歓迎。ブックマークに入れる推奨。

最近の記事

月別アーカイブ

過去ログ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。